キャビテーションの40khzの家庭用マシンを活用

キャビテーションの出力はヘルツであり、これは低いほど高出力を意味します。例えば40khzと25khzを比較した場合は、後者のほうが効果は高くなります。40khzという出力はキャビテーションの基本であり、家庭用マシンにも採用されているのです。家庭用では最高出力になっており、これを超えると業務用マシンになります。ヘルツ数が小さいほど深部まで超音波を届けることができるので、深層にある脂肪を刺激できるわけです。硬くなった脂肪を温めるために最適で、柔らかくして排出を促進していきます。家庭用マシンの価格は数万円が相場で、高額なものだと10万円くらいします。それでもエステ通いをするよりはずっと経済的です。

業務用マシンほどの効果は期待できませんが、施術の頻度を上げればカバーできます。それ以上の出力にすると家庭で取り扱うにはリスクがあります。かなりの出力になりますので、熱いと感じてしまうこともあるでしょう。40khz程度なら正しく使用すれば問題はありません。熱さは自分自身で実感できますので、無理に我慢をする必要性はないわけです。効果を実感するためには継続が鍵になりますので、続けることを意識してください。無理をして1回の照射をするよりも、無理をせず複数回の照射をしたほうが効果的です。正しく行えば痛みはありませんし、副作用が発生する心配もないです。低リスクの美容マシンであり、医療マシンほどのリスクもないのです。

医療機関の脂肪吸引は医療行為になるので、エステサロンでは受けられません。キャビテーションは脂肪吸引のエステ版と言われることもあり、メスを使用せずに脂肪を減らすことができます。セルライトに作用するのも特徴で、デコボコをリフトアップしたい人にも最適です。リバウンドしにくい痩身マシンとしても有名で、これは脂肪細胞が復活しないためです。ただし1回の施術ではあまり実感できないことが多々ありますので、複数回の施術が必要だと認識してください。家庭用のキャビテーションマシンを使用するときは、施術後にしっかりと水分を補給しましょう。脂肪や体内毒素は水分と一緒に排出させていく必要があるためです。

むくみ対策にも40khzのキャビテーションは役立ちますので、冷えが気になる人は試してみてください。冷えは強力にむくみを促進することがわかっています。身体が冷えているだけで、水分の停滞が生まれるためです。水分をスムーズに流すためにも、キャビテーションで温めていくケアがおすすめです。むくみがひどい人だと、1回の施術でもはっきりと細くなったとわかることがあります。リンパの停滞を解消するためには、熱を与えて巡りを活性化させる対策がおすすめです。ダイエットと美肌作用をまとめて得られる痩身マシンですから、家庭用に1台購入しておくといいでしょう。40khzレベルなら正しい使用法を扱えば、肌荒れなどを起こしてしまう心配はありません。

ポンプのキャビテーションが応用されています

キャビテーションは本来液体の流れにある圧力差によって、短時間において泡の発生や消滅が起きる物理現象のことです。空洞現象とも呼ばれていて、スクリューやポンプが破壊される原因として知られています。小さな気泡でも破裂する際、大きな破壊力をもたらし、この仕組みを利用して腎結石などを破砕する技術など医療分野でも応用されています。美容業界におけるキャビテーションの場合、特異的な超音波による周波数を体外から与え、脂肪細胞中にある水分や細胞外の間質液などを共鳴させ渦を作ります。そこに発生している気泡により他の細胞や血管・神経などには害を与えず、脂肪細胞の細胞膜を破壊する技術です。メスや注射などを使わず痛みや腫れ・内出血のリスクがなく、リラックスしながら治療を受けることが可能です。脂肪細胞自体を減らしながら確実な効果を出すことができ、部分痩せの方法として注目されています。切らない脂肪吸引とも言われていて、メスを使わずお肌に穴を開けなくてもよいので、痛みや傷跡などを気にせずダイエットを期待することが可能です。ブライダルエステなどにも利用されていて、部分痩せしたかったり、二の腕の脂肪が気になる人におすすめです。お腹の脂肪がなかなか落ちなかったり、お尻まわりの脂肪を何とかしたいと悩んでいる人にも向いています。太もものセルライトを落としたかったり、体中の老廃物を排出することが可能です。メスを入れるダイエットはしたくなかったり、安全で痛くないダイエットを求めている人に最適です。気になる部位の皮下脂肪を落とすことができ、特定の部位ごとにダイエットすることができます。二の腕のダイエット方法の一つとして鍛える必要がありますが、長年溜まった脂肪を分解するには時間がかかるでしょう。効果が出るのが遅くなってしまったり、3~4ヶ月ぐらいはかかるかもしれません。キャビテーションを利用すると短期間で脂肪を落とすことができ、メスを使わず空洞現象の力により外から刺激を与え気になる部位の脂肪を破壊することが可能です。お肌を傷つけることがないので、安心・安全に施術を受けることができます。特に部分痩せに向いていて、痛みを伴わないという特徴があります。脂肪吸引の場合、痩せたい部分において小さな穴をあけ管を通したり、脂肪を吸引することになるので傷跡などが残ることが多いです。他にはジェット水流により吸引するベイザー脂肪吸引や、高周波熱で脂肪を溶かしたり脂肪を吸引する方法もあるでしょう。脂肪吸引は高い費用がかかったり術後の痛みや術後の通院に手間がかかるものです。忙しく働いている人には大変だったりするででしょう。運動や食事制限などを必要としないので、脂肪吸引も一つの方法ですが金銭面や手間・時間を考えると利用することに躊躇する人もいます。その反面キャビテーションを利用したダイエットなら、無駄な時間を過ごさず効率良く溜まった贅肉を落とすことが可能です。