キャビテーションは肩こりや腰痛にも効果的

キャビテーションとは、特殊超音波で皮下脂肪を減らすことができる機械のことで、ハンドマッサージでは届かない深いところまで徹底的にアプローチすることができます。さらにキャビテーションは、脂肪に対して作用するだけではなく体質改善効果が期待できるのも魅力で、施術を受けた人の中には肩こりや腰痛の改善効果を実感できたという人も多くいるくらいなので、ダイエットしたい人はもちろん体の状態を改善したい人にもおすすめといえます。

太る原因の多くは脂肪の蓄積であり、これを引き起こす原因はさまざまにありますが、1番は代謝の低下によるものとなります。代謝は加齢とともに低下するだけではなく、姿勢の悪さや運動不足、睡眠不足や偏った食事などの生活習慣によっても低下し、代謝が低下するということは血液やリンパの循環がスムーズでなくなるということにも繋がってくるため、肩こりや腰痛なども引き起こされていきます。

キャビテーションは脂肪細胞の周りに気泡を発生させて、それが破裂する衝撃によって脂肪を溶かす痩身施術でありますが、同時に血中の老廃物も排出させることができるので、滞りやすかった血流が改善されて血行が促されていきます。血流が促進されると代謝が活性化するため、肩こりや腰痛を引き起こしていた原因が取り除かれて、結果的に体質の改善に繋げていくことが可能になります。

さらにキャビテーションのコースによっては、脂肪の排出を促すためのマッサージを行うものもあり、マッサージを行うと体内の循環がさらに活発になっていくので、血液の流れがスムーズになることで肩こりや腰痛の改善効果を期待することができます。肩こりや腰痛を根本から治すためには、循環機能を改善しなくてはなりませんが、キャビテーションは老廃物の排出や血行促進によって循環機能を正常化していく効果もあるため、痩身効果だけではなく肩こりや腰痛の根本的な改善にも繋げていくことができるといえます。

キャビテーションは安いところが魅力的

キャビテーション、所謂瘦身エステは現在ではかなり安く受けられるようになっています。登場し脚光を浴びてから少し年数が経ちましたが、その頃と比較すると既に半額ほどにまで費用相場が下がっているのです。複数回をセットで受けることが前提になっているものですし、1回1回の出費が抑えられるようになったのは非常に有難い部分でしょう。なるべく安い方法でシェイプアップをしたいと考えている人は、キャビテーションという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

では具体的にいくらくらいで受けられるのか、これはサロンにもよりますが1つの部位につき8千円から1万円ほどを見積もっておけば大丈夫です。あまりに安いと何か理由があるのではと不安になるでしょうが、元々顧客の獲得競争の末に値下がりしていった背景もあり、やはり複数回をセットにして受けることになるため中長期的な契約を結ぶことにもなります。多少値下げをしてでもサロン側にはメリットがあるため、深読みして警戒をし過ぎる必要はないのです。

ちなみに通う目安としては、10回前後で一区切りです。仮に1回8千円でも最終的には8万円掛かると考えれば、ランニングコストとしては高額と言えます。とはいえ他の種類のエステに比べると間違いなく安いですし、自力でのダイエットに限界を感じている人には大きな後押しです。また体験メニューも最近は充実しているため、3千円や4千円から1回限りのお試し体験をさせてくれるサロンが増えています。キャビテーションがどういうものなのかを把握するのに役立つ他、どのサロンでお世話になるかを決めるのにも有益ですから積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

医療用のキャビテーションを受ける場合は、この限りではありません。効果の確実性は高くなる半面、費用は1回で3万円以上掛かってしまいます。この費用対効果も個人の視点で感じ方は変わるはずですが、安さに惹かれやすい人は是非サロンの方でキャビテーションを受けてみてください。

キャビテーションの周波数40khzのメリットは

エステで行われる設備を使ったものとしてキャビテーションというものがあり、その効果は脂肪細胞に刺激を与えて老廃物を排出し痩せやすくするというものです。そもそもキャビテーションという言葉は空洞現象というもので、圧力を液体にxことによって現れる気泡の発生と消滅を指し、これを人体に行うことによって脂肪を細胞内を刺激し痩せやすくするというものです。昔ながらのエステではこれらをエステティシャンの手技によって行なっていましたが、専門に行う設備としてキャビテーションが使われるようになっています。
痩せやすくなる仕組みは老廃物を排出するということですから、これらは脂肪細胞だけでなく周囲に活性化させ、代謝を良くしむくみのケアにも良いとされていますし、脂肪細胞が固まって筋となってしまうセルライトに対してもキャビテーションを行うことにより柔らかくなって症状を軽減することが期待できるものです。

一方でキャビテーションといっても様々な製品が発売されており、それらを選ぶ目安の一つとして周波数があります。周波数が高いほど振動回数が多いので効果があるように思われがちですが、実際には周波数が低い方が脂肪細胞の奥まで振動が届くため効果が出やすいとされています。このため業務用で使われるものでは25khzから40khzのものが用いられており、家庭用の場合には40khzまたは330khzが使われています。あくまでも奥の方まで届くというだけの話ですから、より頑固なセルライトを改善したいという場合を除けば、40khz以上のものでも十分な効果を得ることができるものです。またヘルツ数は振動の回数で、他にも出力の強さは効果に影響をするためそれらを含めて選ぶことがポイントになって行きます。

個人向けに40khzのキャビテーションが選ばれる理由は、その価額にあり10万円以下で購入することも可能です。40khz以下の場合には業務用に使われるのが一般的で、5万円ぐらいのものは300khz以上のものが中心となります。エステ並みの効果を得て費用も抑えたいという場合には40khzのキャビテーションにメリットがあるものです。

キャビテーションのセルライトへの効果

ダイエットを考えている人や、美意識が高い人なら一度は耳にしたことがあるのがキャビテーションではないでしょうか。
痩身エステにおけるキャビテーションは、脂肪細胞自体を破壊することが特徴であり、脂肪にキャビテーション専用のマシンで超音波を当てることにより、体内の水分から気泡が発生し、その気泡が弾けるエネルギーによって脂肪細胞が破壊されるもいう仕組みになっています。
壊れた脂肪細胞は血中へ溶け出していくので、リンパ管や血管から身体の外に排出されます。
脂肪細胞にアプローチすることができるので、一般的には落とすことが難しいとされているセルライトにも効果的というのが大きな特徴です。

脂肪を落としたい部分に直接超音波を当てることになるので、脂肪細胞自体を破壊することができ、セルライトによる凸凹した肌を滑らかな状態にすることができます。
マシンから出る超音波は、体の深部まで届き体内に気泡を発生させ、その気泡が弾けるエネルギーで脂肪細胞が破壊されるという仕組みですが、中には金属音が聞こえて苦手という人もいます。マシンから発した超音波を体に当てたときに内部の骨に当たることで、振動を起こす骨伝導という現象です。

仕組みはちょっと難しい感じがしますが、キャビテーションについて簡単にまとめられていたエステのサイトも合わせて参考にしてみてください。
https://bloom.ne.jp/cavitation.html

キャビテーションは音波ということもあり、痛みはないのでリラックスした状態で受けることができるのも特徴となっています。直接肌にマシンをあてて、超音波により脂肪細胞を破壊するからこそ、体への負担が少なく、痛みもありません。基本的には難しいとされている部分痩せの効果を期待することができ、比較的即効性の高い方法となっています。

キャビテーションは脂肪細胞自体を破壊することが特徴であり、リバウンドするリスクが少ないのも魅力です。食事制限や運動が苦手だったり、健康的に痩せたいと考えていて太りにくい体質になりたいなど、あらゆる望みを叶えてくれる可能性が高い方法となっているからこそ、キャビテーションは人気が高くなっています。

ダイエットに効くキャビテーションとは?

さまざまな痩身法がありますが、今注目されている方法のひとつが「キャビテーション」です。キャビテーションとは、痩身エステで専用の機械を使って行われることが多いです。「空洞現象」と言う意味合があり、圧力を液体にかけると現れる気泡の発生・消滅のことを言います。この気泡が消滅する力を利用して、脂肪に働きかけて痩身効果を得るのです。

痩身のキャビテーションでは、機械を使って脂肪のみに働きかけることが可能です。超音波を脂肪に当てて、細かく振動させます。刺激を受けた脂肪は老廃物として身体の外へと排出されるのです。
血液やリンパの流れを良くすることで、代謝を促しむくみも取ってくれるでしょう。主にセルライトに良いとされているのも、試してみたいポイントになります。
セルライトは固くなってしまうとなかなか取ることが難しいとされています。

ボコボコと浮いて見えるセルライトは全身にできるので、悩んでいる人はとても多いのです。そんなセルライトもキャビテーションの力を利用して柔らかくする効果が期待できます。
そのため脂肪が気になる人や、水分を溜め込みやすい人には特におすすめの方法なのです。

キャビテーションを行ことができるのは、二の腕・お腹・お尻・背中・脚などです。しっかりと脂肪に働きかけ、脂肪の細胞が減少するため、リバウンドもしにくいと言われています。
基本的にエステなどでしっかりと施術を行うのがおすすめですが、最近は家庭用のキャビテーションもあります。家庭用のものはきちんと自分に合った機種を選び、正しい使い方をすることが何より大事です。

施術の時間が比較的短いので、身体への負担が少ないことも嬉しい所です。1度だけではなく、サイズダウンを目指すなら、複数回行うことが必要になります。頻度的には1週間に1度くらいの割合が良いでしょう。手軽に脂肪にアタックできるキャビテーションなので、初めての人でも気負い無く施術ができます。