キャビテーションの周波数40khzのメリットは

エステで行われる設備を使ったものとしてキャビテーションというものがあり、その効果は脂肪細胞に刺激を与えて老廃物を排出し痩せやすくするというものです。そもそもキャビテーションという言葉は空洞現象というもので、圧力を液体にxことによって現れる気泡の発生と消滅を指し、これを人体に行うことによって脂肪を細胞内を刺激し痩せやすくするというものです。昔ながらのエステではこれらをエステティシャンの手技によって行なっていましたが、専門に行う設備としてキャビテーションが使われるようになっています。
痩せやすくなる仕組みは老廃物を排出するということですから、これらは脂肪細胞だけでなく周囲に活性化させ、代謝を良くしむくみのケアにも良いとされていますし、脂肪細胞が固まって筋となってしまうセルライトに対してもキャビテーションを行うことにより柔らかくなって症状を軽減することが期待できるものです。

一方でキャビテーションといっても様々な製品が発売されており、それらを選ぶ目安の一つとして周波数があります。周波数が高いほど振動回数が多いので効果があるように思われがちですが、実際には周波数が低い方が脂肪細胞の奥まで振動が届くため効果が出やすいとされています。このため業務用で使われるものでは25khzから40khzのものが用いられており、家庭用の場合には40khzまたは330khzが使われています。あくまでも奥の方まで届くというだけの話ですから、より頑固なセルライトを改善したいという場合を除けば、40khz以上のものでも十分な効果を得ることができるものです。またヘルツ数は振動の回数で、他にも出力の強さは効果に影響をするためそれらを含めて選ぶことがポイントになって行きます。

個人向けに40khzのキャビテーションが選ばれる理由は、その価額にあり10万円以下で購入することも可能です。40khz以下の場合には業務用に使われるのが一般的で、5万円ぐらいのものは300khz以上のものが中心となります。エステ並みの効果を得て費用も抑えたいという場合には40khzのキャビテーションにメリットがあるものです。

キャビテーションのセルライトへの効果

ダイエットを考えている人や、美意識が高い人なら一度は耳にしたことがあるのがキャビテーションではないでしょうか。
痩身エステにおけるキャビテーションは、脂肪細胞自体を破壊することが特徴であり、脂肪にキャビテーション専用のマシンで超音波を当てることにより、体内の水分から気泡が発生し、その気泡が弾けるエネルギーによって脂肪細胞が破壊されるもいう仕組みになっています。
壊れた脂肪細胞は血中へ溶け出していくので、リンパ管や血管から身体の外に排出されます。
脂肪細胞にアプローチすることができるので、一般的には落とすことが難しいとされているセルライトにも効果的というのが大きな特徴です。

脂肪を落としたい部分に直接超音波を当てることになるので、脂肪細胞自体を破壊することができ、セルライトによる凸凹した肌を滑らかな状態にすることができます。
マシンから出る超音波は、体の深部まで届き体内に気泡を発生させ、その気泡が弾けるエネルギーで脂肪細胞が破壊されるという仕組みですが、中には金属音が聞こえて苦手という人もいます。マシンから発した超音波を体に当てたときに内部の骨に当たることで、振動を起こす骨伝導という現象です。

仕組みはちょっと難しい感じがしますが、キャビテーションについて簡単にまとめられていたエステのサイトも合わせて参考にしてみてください。
https://bloom.ne.jp/cavitation.html

キャビテーションは音波ということもあり、痛みはないのでリラックスした状態で受けることができるのも特徴となっています。直接肌にマシンをあてて、超音波により脂肪細胞を破壊するからこそ、体への負担が少なく、痛みもありません。基本的には難しいとされている部分痩せの効果を期待することができ、比較的即効性の高い方法となっています。

キャビテーションは脂肪細胞自体を破壊することが特徴であり、リバウンドするリスクが少ないのも魅力です。食事制限や運動が苦手だったり、健康的に痩せたいと考えていて太りにくい体質になりたいなど、あらゆる望みを叶えてくれる可能性が高い方法となっているからこそ、キャビテーションは人気が高くなっています。

ダイエットに効くキャビテーションとは?

さまざまな痩身法がありますが、今注目されている方法のひとつが「キャビテーション」です。キャビテーションとは、痩身エステで専用の機械を使って行われることが多いです。「空洞現象」と言う意味合があり、圧力を液体にかけると現れる気泡の発生・消滅のことを言います。この気泡が消滅する力を利用して、脂肪に働きかけて痩身効果を得るのです。

痩身のキャビテーションでは、機械を使って脂肪のみに働きかけることが可能です。超音波を脂肪に当てて、細かく振動させます。刺激を受けた脂肪は老廃物として身体の外へと排出されるのです。
血液やリンパの流れを良くすることで、代謝を促しむくみも取ってくれるでしょう。主にセルライトに良いとされているのも、試してみたいポイントになります。
セルライトは固くなってしまうとなかなか取ることが難しいとされています。

ボコボコと浮いて見えるセルライトは全身にできるので、悩んでいる人はとても多いのです。そんなセルライトもキャビテーションの力を利用して柔らかくする効果が期待できます。
そのため脂肪が気になる人や、水分を溜め込みやすい人には特におすすめの方法なのです。

キャビテーションを行ことができるのは、二の腕・お腹・お尻・背中・脚などです。しっかりと脂肪に働きかけ、脂肪の細胞が減少するため、リバウンドもしにくいと言われています。
基本的にエステなどでしっかりと施術を行うのがおすすめですが、最近は家庭用のキャビテーションもあります。家庭用のものはきちんと自分に合った機種を選び、正しい使い方をすることが何より大事です。

施術の時間が比較的短いので、身体への負担が少ないことも嬉しい所です。1度だけではなく、サイズダウンを目指すなら、複数回行うことが必要になります。頻度的には1週間に1度くらいの割合が良いでしょう。手軽に脂肪にアタックできるキャビテーションなので、初めての人でも気負い無く施術ができます。

落ちにくいふくらはぎにはキャビテーションが効果的

ダイエットをしても落ちにくいのがふくらはぎです。運動だけでは減らせませんので、切らない脂肪吸引として人気が高いキャビテーションを取り入れるのが効果的です。超音波を痩せたい部分に当てて脂肪を溶かし、細胞を壊すことを目的とする方法であり、細胞は脂肪を溶かした時に気泡がはじけることによって壊されます。砕かれた脂肪は体の外へと流れだし、苦労せず痩身効果が得られるというわけです。
キャビテーションが非常に優れていると言われるのは、効果が高いだけでなくリバウンドもないためです。ダイエットにはリバウンドがつきものですが、脂肪細胞自体を減らせますのでリバウンドの心配がありません。超音波を使って脂肪同士の衝突を引き起こし、脂肪細胞膜から中性脂肪を排出させることで痩せられる優れたダイエット法です。
この仕組みを利用してふくらはぎのダイエットを行う場合、まず最初に変化を実感できるのはむくみの解消であり、むくみ体質の人は一回でもかなり違っていることが分かります。元々即効性のある方法ですが、中でもむくみに対しての作用は非常に出やすいので、水太りしやすい人に特におすすめです。むくみはその時に太って見えるだけでなく、慢性化するとセルライトができやすくなります。一度セルライトができてしまうと落とすのが大変ですので、その前に対処しなければなりません。定期的にキャビテーションを行うと、むくみを効率良く解消できてセルライト対策にもなります。
ふくらはぎにもセルライトはついてしまいますが、運動だけでは落とすのは困難です。キャビテーションを上手く活用することでセルライトをスムーズに取り除き、リンパの流れも改善されます。太りやすい人はリンパの流れが悪くなっていて、そこから冷えも招いてしまいますので、定期的にケアをし続けることが大切です。体の一部分だけを痩せるのは、他の方法ではあまり期待できません。脂肪細胞自体を溶かせる方法だからこそ実現できるものであり、より効果を高めるためにはその後にマッサージをしておくと良いようです。
脂肪が溶け出した後にマッサージを行うと、リンパを通って体の外へと排出される作用が高まります。せっかくキャビテーションを行っても体内に留まったまま放置してしまったら痩せることはできませんので、ハンドマッサージ等はセットで考える必要があります。これを怠ると、想像していたよりも効果が出ないという結果になり、モチベーションも低下してしまうかもしれません。
通常は、ふくらはぎでも他の部位と同じように5回程度の施術で完了です。推奨されているのが5回程度ですので、もっと変化を実感しやすい人はそれより少ない回数で済むこともあります。頻度としては週に2回程度がベストですが、これにはきちんとした理由があり、溶け出した脂肪は3~4日かけて排出されます。繰り返すことでどんどんサイズダウンしていきますので、計画的に取り入れましょう。

授乳中でもキャビテーションを安全に行えるか

妊娠中に増えてしまった体重を産後に落とすために、様々なダイエット法を実践することがあります。ただし、体力がまだ戻っていなかったり、栄養をしっかりと摂らなければならない時期であったりと、実践する方法は限定されます。産後は授乳中であることも多いので、赤ちゃんへの影響も考えつつダイエット法を選択しなければならないのも難しいところです。
体力の戻らない体でも無理なく痩せられる方法にキャビテーションがあります。主な特徴として、即効性が高くリバウンドの心配が要らないのがメリットです。部分的なダイエットも短期間で実践でき、リンパの流れや血流も改善できます。循環の改善により痩せられるだけでなく肌も美しくなりますので、女性にとっては魅力の多い方法です。
痩身したい部分に当てると超音波の力でセルライトが水と脂肪に分解され、それが溶け出すことで痩せられる仕組みです。施術を行った部分のセルライトは老廃物となり、その後は体の外へと出ていきます。ただし、自然に流れ出るのを待つだけでは効果は低いので、ハンドマッサージ等を取り入れて排出を促すのが一般的です。施術でもマッサージがセットになっていることがほとんどであり、キャビテーションの後のケアをしっかりと行うことが効果を高めるためのコツです。
仕組みとしては激しい運動をするわけではありませんし、食事制限も特に必要とはしませんので、授乳中でも大きな問題はありません。更に詳しく見ていくと、産後間もない期間を避ければ、授乳期であってもキャビテーションを受けることは問題ないとされています。産後の体型を戻すためのケアは3か月以降に実践することが推奨されていますので、それを一つの目安として取り入れましょう。これは一般的な話であり、体力が著しく低下していて回復に時間がかかっている場合には、もう少し様子を見た方が良いかもしれません。
授乳中には食事内容にも非常に気を使いますので、食事面からのダイエットはかなり難しくなります。そんな時でもキャビテーションなら食事内容を変えずにしっかりと栄養を摂りながら行えますので、実践しやすい方法です。食事量を減らす必要がありませんので授乳への影響はありませんし、運動のように辛い思いをすることなくスムーズに痩せられます。
体への負担がありませんし、授乳中でも無理なく取り入れられる方法ではありますが、産後はとてもデリケートになっていますので無理をしないことが大切です。授乳によって赤ちゃんに栄養を与えている分、母体は栄養不足に陥りがちですし、慣れない育児でストレスが溜まっていることも多いので、ダイエットで無理をしてしまうと色々な面に影響を及ぼします。無理をしない範囲で実践できるのならキャビテーションはとても良い方法ですので、計画的に取り入れるのがお勧めです。基本はサロンで施術を受けることが多いのですが、最近では自宅でもケアが可能な機器が登場しています。