キャビテーションの周波数40khzのメリットは

エステで行われる設備を使ったものとしてキャビテーションというものがあり、その効果は脂肪細胞に刺激を与えて老廃物を排出し痩せやすくするというものです。そもそもキャビテーションという言葉は空洞現象というもので、圧力を液体にxことによって現れる気泡の発生と消滅を指し、これを人体に行うことによって脂肪を細胞内を刺激し痩せやすくするというものです。昔ながらのエステではこれらをエステティシャンの手技によって行なっていましたが、専門に行う設備としてキャビテーションが使われるようになっています。
痩せやすくなる仕組みは老廃物を排出するということですから、これらは脂肪細胞だけでなく周囲に活性化させ、代謝を良くしむくみのケアにも良いとされていますし、脂肪細胞が固まって筋となってしまうセルライトに対してもキャビテーションを行うことにより柔らかくなって症状を軽減することが期待できるものです。

一方でキャビテーションといっても様々な製品が発売されており、それらを選ぶ目安の一つとして周波数があります。周波数が高いほど振動回数が多いので効果があるように思われがちですが、実際には周波数が低い方が脂肪細胞の奥まで振動が届くため効果が出やすいとされています。このため業務用で使われるものでは25khzから40khzのものが用いられており、家庭用の場合には40khzまたは330khzが使われています。あくまでも奥の方まで届くというだけの話ですから、より頑固なセルライトを改善したいという場合を除けば、40khz以上のものでも十分な効果を得ることができるものです。またヘルツ数は振動の回数で、他にも出力の強さは効果に影響をするためそれらを含めて選ぶことがポイントになって行きます。

個人向けに40khzのキャビテーションが選ばれる理由は、その価額にあり10万円以下で購入することも可能です。40khz以下の場合には業務用に使われるのが一般的で、5万円ぐらいのものは300khz以上のものが中心となります。エステ並みの効果を得て費用も抑えたいという場合には40khzのキャビテーションにメリットがあるものです。