落ちにくいふくらはぎにはキャビテーションが効果的

ダイエットをしても落ちにくいのがふくらはぎです。運動だけでは減らせませんので、切らない脂肪吸引として人気が高いキャビテーションを取り入れるのが効果的です。超音波を痩せたい部分に当てて脂肪を溶かし、細胞を壊すことを目的とする方法であり、細胞は脂肪を溶かした時に気泡がはじけることによって壊されます。砕かれた脂肪は体の外へと流れだし、苦労せず痩身効果が得られるというわけです。
キャビテーションが非常に優れていると言われるのは、効果が高いだけでなくリバウンドもないためです。ダイエットにはリバウンドがつきものですが、脂肪細胞自体を減らせますのでリバウンドの心配がありません。超音波を使って脂肪同士の衝突を引き起こし、脂肪細胞膜から中性脂肪を排出させることで痩せられる優れたダイエット法です。
この仕組みを利用してふくらはぎのダイエットを行う場合、まず最初に変化を実感できるのはむくみの解消であり、むくみ体質の人は一回でもかなり違っていることが分かります。元々即効性のある方法ですが、中でもむくみに対しての作用は非常に出やすいので、水太りしやすい人に特におすすめです。むくみはその時に太って見えるだけでなく、慢性化するとセルライトができやすくなります。一度セルライトができてしまうと落とすのが大変ですので、その前に対処しなければなりません。定期的にキャビテーションを行うと、むくみを効率良く解消できてセルライト対策にもなります。
ふくらはぎにもセルライトはついてしまいますが、運動だけでは落とすのは困難です。キャビテーションを上手く活用することでセルライトをスムーズに取り除き、リンパの流れも改善されます。太りやすい人はリンパの流れが悪くなっていて、そこから冷えも招いてしまいますので、定期的にケアをし続けることが大切です。体の一部分だけを痩せるのは、他の方法ではあまり期待できません。脂肪細胞自体を溶かせる方法だからこそ実現できるものであり、より効果を高めるためにはその後にマッサージをしておくと良いようです。
脂肪が溶け出した後にマッサージを行うと、リンパを通って体の外へと排出される作用が高まります。せっかくキャビテーションを行っても体内に留まったまま放置してしまったら痩せることはできませんので、ハンドマッサージ等はセットで考える必要があります。これを怠ると、想像していたよりも効果が出ないという結果になり、モチベーションも低下してしまうかもしれません。
通常は、ふくらはぎでも他の部位と同じように5回程度の施術で完了です。推奨されているのが5回程度ですので、もっと変化を実感しやすい人はそれより少ない回数で済むこともあります。頻度としては週に2回程度がベストですが、これにはきちんとした理由があり、溶け出した脂肪は3~4日かけて排出されます。繰り返すことでどんどんサイズダウンしていきますので、計画的に取り入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です