キャビテーションの40khzの家庭用マシンを活用

キャビテーションの出力はヘルツであり、これは低いほど高出力を意味します。例えば40khzと25khzを比較した場合は、後者のほうが効果は高くなります。40khzという出力はキャビテーションの基本であり、家庭用マシンにも採用されているのです。家庭用では最高出力になっており、これを超えると業務用マシンになります。ヘルツ数が小さいほど深部まで超音波を届けることができるので、深層にある脂肪を刺激できるわけです。硬くなった脂肪を温めるために最適で、柔らかくして排出を促進していきます。家庭用マシンの価格は数万円が相場で、高額なものだと10万円くらいします。それでもエステ通いをするよりはずっと経済的です。

業務用マシンほどの効果は期待できませんが、施術の頻度を上げればカバーできます。それ以上の出力にすると家庭で取り扱うにはリスクがあります。かなりの出力になりますので、熱いと感じてしまうこともあるでしょう。40khz程度なら正しく使用すれば問題はありません。熱さは自分自身で実感できますので、無理に我慢をする必要性はないわけです。効果を実感するためには継続が鍵になりますので、続けることを意識してください。無理をして1回の照射をするよりも、無理をせず複数回の照射をしたほうが効果的です。正しく行えば痛みはありませんし、副作用が発生する心配もないです。低リスクの美容マシンであり、医療マシンほどのリスクもないのです。

医療機関の脂肪吸引は医療行為になるので、エステサロンでは受けられません。キャビテーションは脂肪吸引のエステ版と言われることもあり、メスを使用せずに脂肪を減らすことができます。セルライトに作用するのも特徴で、デコボコをリフトアップしたい人にも最適です。リバウンドしにくい痩身マシンとしても有名で、これは脂肪細胞が復活しないためです。ただし1回の施術ではあまり実感できないことが多々ありますので、複数回の施術が必要だと認識してください。家庭用のキャビテーションマシンを使用するときは、施術後にしっかりと水分を補給しましょう。脂肪や体内毒素は水分と一緒に排出させていく必要があるためです。

むくみ対策にも40khzのキャビテーションは役立ちますので、冷えが気になる人は試してみてください。冷えは強力にむくみを促進することがわかっています。身体が冷えているだけで、水分の停滞が生まれるためです。水分をスムーズに流すためにも、キャビテーションで温めていくケアがおすすめです。むくみがひどい人だと、1回の施術でもはっきりと細くなったとわかることがあります。リンパの停滞を解消するためには、熱を与えて巡りを活性化させる対策がおすすめです。ダイエットと美肌作用をまとめて得られる痩身マシンですから、家庭用に1台購入しておくといいでしょう。40khzレベルなら正しい使用法を扱えば、肌荒れなどを起こしてしまう心配はありません。